桟橋

所在市区: 
地址: 
太平路14号
门票: 
無料
营业时间: 
年中無休。 但し暴風雨など悪天気により閉鎖する場合もあります。
公交线路: 
2路、5路、6路、8路、25路、26路、218路、220路、223路、225路、301路、304路、305路、307路、311路、312路、316路、320路、321路、501路、217路、325路、隧道2路、隧道3路、隧道6路
公交车站: 
栈桥

桟橋は青島の象徴であり、有名な風景観光スポット。

桟橋は光緒18年(西暦1892年)に李鴻章の提案で清の水軍の軍艦補給用として建設され、青島初の埠頭であった。1931年の改造と1985年の修繕により現在幅8メートル、長さ440メートルの立派な桟橋となった。南の先に半円の防波堤が建造され、堤内にある民族風格の二層八角亭が“回瀾閣”と名付けられた。回瀾閣の階段を上って行くと波が岩を叩く音が聞こえ、その景色を“飛閣回瀾”と呼ばれ、昔からの“青島十景の一つ”になっていた。

秋になると巨波が西岸に叩き、10メートル巻き起こす最高の景色になる。潮が100メートル退いた後、砂浜に浅蜊堀りの人がたくさんいる。近年来青島は“鴎を引き留め”という活動が行われていて、秋冬の時、特に波が穏やかの日に空を飛びまわっている千万匹の鴎が、遠い回瀾閣、近くに景色を眺めている人々と一緒に美しい絵巻になる。桟橋の北部に桟橋公園が造られ、緑が多く、沢山の花が見られ、回廊の石で作った椅子が砂浜、暗礁と自然に並べている。夜になると華やかな灯火が花のように咲いて、水面に波がきらきらと眩く、遠い“琴嶼飄灯”とこもごも照り映える。